えんきん ブルーライト

MENU

えんきんでブルーライト対策

えんきん5

えんきんの主な効果はブルーライト対策で、目のダメージ軽減や回復に役立つ成分が特徴です。えんきんは現代人の強い味方で、目の状態改善に効果が認められている商品です。

 

えんきんの代表的な成分は、眼球の健康維持に必要なルテインを始めとして、目が上手く使えるように助ける要素が含まれています。手元が良く見えるピント調節機能は、えんきんの主な効果の一つで、最近物が見えにくくなったと感じる人におすすめの作用です。

 

一方では、目から発生する首や肩のコリを軽減するので、体が重く頭痛が感じられる人にもえんきんは適しています。もちろん効果や実感には個人差がありますが、えんきんは日本で初めて目に対しての機能性表示が認められた食品です。安全性と効果に期待出来ます。

 

▼初回1,000円 返金保証付き▼

 

ブルーライトってなに?

青光

ブルーライトとは、携帯電話やパソコンの画面が発する光の色を指します。

 

現在使用されている機器の多くは、液晶画面を備えている事が一般的で、ライトにLEDが使用されている点が共通しています。LEDは従来の蛍光灯とは違い、青色の光が強いので、これが目に刺激を与えて疲労感を引き起こす原因と考えられています。

 

現代の生活では、オフィスでパソコンに向かい仕事をしたり、外出中も携帯の画面を見る事があるので、一日中目に負担を与える切っ掛けがあります。疲労感の放置は、視力の低下を引き起こしたり、眼病の発生や肩こりにも発展するので、日頃から対策を心掛ける事が肝心です。

 

ブルーライトの目への悪影響

目への悪影響

エネルギーの強いブルーライトは、目の奥に届く光の一種で、赤や緑の光に比べて影響が強まるといえます。具体的な影響としては、
光を捉える網膜にダメージを与え、

 

目の疲れを越えて痛みに結び付きます。

 

また、目だけではなく脳にも影響を与えるので、光の刺激によって興奮状態になったり、ストレスが続く事で精神不安に陥る事もあり得ます。生活に関する影響では、ストレスが暴飲暴食に繋がり、肥満から生活習慣病になるケースも存在します。

 

日中の目に対する強い光は、慢性化すると脳も興奮したままになるので、夜間の休息が十分に行えなくなる可能性を高めます。携帯電話は手放せない機器で、日常になくてはならない存在ですが、上手く付き合える方法で使う事が大切です。

 

身体の外からも目を守ろう

眼鏡

さらにえんきんの効果を高めたいときは、画面設定で青を弱めたり、ブルーライトをカットするメガネと併用すると効果的です。

 

>> えんきんの効果的な飲み方【30日お試しで効果を実感】  TOP