えんきん 副作用

MENU

えんきんに副作用はあるの?

粒

手元の小さな文字などをはっきりと見るようなピント調節に対しての効果が期待できるサプリメントのえんきんに含まれているものは植物由来、自然由来のものばかりとなっています。

 

しかし、何かに効果があるということはそれとは別の副作用があるのではないだろうかと心配をするのは一般的です。ですがご安心ください。えんきんには副作用と言われるものを気にすることはありません。薬と違い機能性表示食品です。合成着色料・香料・保存料は無添加で、カプセルも植物由来のものを使用しています。

 

ただし、目に効果的なものだからと言って過剰摂取は禁物です。多く摂れば多く摂るほど効果があるというものではありません。用量を守りながら飲み続けることが副作用の心配もなく、効果を望むことができるのです。

 

えんきんに使われている原料は?

成分

目に対するサプリメントとして国内初の機能性表示が認められた、えんきんが多くの人からの支持を集めていることの大きな理由に、その成分にあります。

ほうれん草に多く含まれているルテイン、サケやイクラに多く含まれているアスタキサンチン、ブルーベリーや黒大豆の種皮に多く含まれているシアニン-3-グルコシド、青魚に多く含まれているDHAなどです。自然由来の安心できるものばかりとなっています。

また、それに加えて合成着色料、香料、保存料などが使われていないことも安心して利用できることの1つとなっています。その上に、その目のピント調節に効果的な成分を入れるカプセルも植物由来のものが利用されています。製品として、全てが安心、安全を確保するものとなっています。

 

安心の販売実績

えんきん4

サプリメントのえんきん、その含まれている成分によって、手元のピント調節の機能に対してや、目からくるような肩こり、首こりなどという首や肩への負担を軽減させるものになっています。

 

えんきんが安全であることは、これまで利用してきた人たちの中に、えんきんが原因で健康に悪影響を与えたというものが無いことが証明しています。また、無期限の返金保証を設けているというのも、製品への自信の現れであると言えるでしょう。開封して、飲み切ってからでも返金を受けるということは企業としては非常にリスクがあるもの。それだけ試してもらいたいという思いもあります。

ただし、成分の一部に大豆が使用されています。食品アレルギーを持っている人は摂取を控えましょう。

 

>> えんきんの効果的な飲み方【30日お試しで効果を実感】  TOP