えんきん スマホ老眼

MENU

えんきんでスマホ老眼対策

サプリメントのえんきんは目のピント調整力を助けてくれる機能性表示食品です。

 

  • パソコンやスマホで目が疲れる
  • 近くの文字が見えにくくなった
  • 目を使いすぎて肩や首が張っている

 

などといったときにはサプリメントのえんきんは本来の健康的な目の力に効果的なものとなります。

スマホ労眼

えんきんは日本で初めての目に対して機能性表示食品として認められたサプリメントです。

含まれている成分はルテイン、アスタキサンチン、ポリフェノール、DHAなどとなっており、その効果は臨床実験から実証されたものです。

 

えんきんは着色料、保存料、香料など、不要なものは添加されず、安全性の高い植物由来のソフトカプセルを使っていて安心できる、目には効果が期待されるものとなっています。

 

▼初回1,000円 返金保証付き▼

 

スマホ老眼ってなに?

スマホ女性

一般的に言われる老眼は、ある程度の年齢になり眼の筋力が衰えてくることを指します。近くの物に焦点が合わなくなって見えにくくなってくる老化現象の一つとなるのですが、近年ではそのような症状が子供や20代、30代といった若い人の間でも起きてきているのです。それが年々急増しているスマホ老眼になります。

夕方になると老眼のように近くにあるものが見えにくい、ぼやけて見えるようになってくるようになります。そうなるのは長い時間スマホを見ていることから起きてきます。

スマホだけでなく、それはパソコンでも同じようなことが起きてくるのですが、若い人はパソコンよりスマホを見る時間が長くなっています。そしてスマホは目との距離が近いということも理由にあげられます。

 

どのような症状が起きるの?

ピンボケ

スマホ老眼の症状には、老眼と同じようなことですが、
遠くはよく見えるのに近くがぼやける

 

近くを見る時に焦点が合わせづらい

 

近くを見る時に少し遠ざけた方が見えやすい

 

細かい文字などを読むときにぼやける

 

無理にはっきりと見ようとして目が疲れる

 

ディスプレイの文字が歪んで見える

 

目のかすみを感じる

 

などの症状が起こります。

 

また、老眼になり始めると、見えにくい文字を見ようと一生懸命になって眼精疲労を起こして頭痛や肩こりなどが起きてきます。それと同じ状態にスマホ老眼にも起きてきます。20代や30代の若い年齢でこのような症状が起きてくると、加齢とともに重症化するようにもなります。

 

>> えんきんの効果的な飲み方【30日お試しで効果を実感】  TOP