えんきん 成分

MENU

えんきんの成分は?

えんきん 効果 えんきん2

目に良い食べ物というと真っ先にブルーベリーが思い浮かびます。アントシアニンという成分が豊富で、えんきんはもちろん様々な眼精疲労サプリに含まれる成分です。

 

では、えんきんにはそれ以外にどんな成分を配合しているのでしょうか?日常の食品から摂取できそうなものから、普段の量ではカバーできない成分まで様々。

 

配合されている成分が分かれば安心して飲めますし、何がどんな働きをしているか理解することで効果を高められる場合もありますよ。

 

えんきんが目の健康をサポートする4つの成分

アントシアニン

 

えんきん 成分 アントシアニン

ポリフェノールの一種で、えんきんのセールスポイントでもある『ピント機能の調整』の役割を果たします。網膜で光の情報を受け取り、脳にその情報を送る『ロドプシン』の生成に関わっています。

 

また目の疲れを取ってくれるのが嬉しい成分。効果も早く、飲んでから比較的早い段階で実感できます。

 

ルテイン

 

えんきん 成分 ルテイン

私たちの目の網膜に多く含まれていて、目の機能維持や抗酸化作用、老化防止といった作用があります。しかもパソコンやスマホから発せられているブルーライトを吸収する働きがあるとされ、最近注目の成分です。

 

白内障や緑内障といった、目の病気を予防する働きも期待されています。普段から摂り続けたい成分ですね。

 

アスタキサンチン

 

えんきん 成分 アスタキサンチン

脳と目の中で働くことができる数少ない物質の一つ。強力な抗酸化作用があり、網膜内で発生した活性酸素をダイレクトに消去してくれます。

 

また血流を良くする働きがあるので、目に新鮮な酸素や栄養をスムーズに届けられるようになります。そのため眼精疲労の軽減や、ピント調整力をアップさせてくれます。

 

DHA

 

えんきん 成分 DHA

DHAというと記憶力や脳に良いというイメージですが、実は目にも良いんです。実は網膜にはDHAが高濃度で存在していて、DHAが不足すると視力に悪影響が出ます。

 

網膜や視神経の細胞膜を柔らかく保つ働きがあり、網膜でとらえた情報を素早く脳に伝える働きもあります。つまり視覚から入る情報処理速度をアップしてくれる嬉しい成分なんです。

 

この機会に食事バランスにも気を遣おう

えんきん 成分 食事

このように目にとって嬉しい成分をたっぷり含んだえんきん。これだけでもピンと調節はバッチリ!と言いたいところですが、せっかく有効な成分を知ったタイミング。この機会に食事にも目を向けてみましょう。

 

普段の食事の中に取り入れやすい食材をピックアップしてみました。いつものおかずに1品加えてみてくださいね。

 

アントシアニンを含む食べ物

ブルーベリー、ビルベリー、カシス、黒豆、ナス、ぶどう、紫いも、赤ワインなど

 

ルテインを含む食べ物

ほうれん草、ブロッコリー、ケール、グリンピース、かぼちゃ、とうもろこしなど

 

アスタキサンチンを含む食べ物

サケ、いくら、エビ、カニ、すじこ、キンメダイなど

 

DHAを含む食べ物

マグロ、イワシ、サバ、アジ、イワシ、カツオ、サンマ、サワラ、ニシンなど

 

▼初回1,000円 返金保証付き▼

えんきん 販売店 ボタン

 

>> えんきんの効果的な飲み方【30日お試しで効果を実感】  TOP